企業間情報共有|引っ越しを快適にするならインターネットで探そう
男性と女性

引っ越しを快適にするならインターネットで探そう

企業間情報共有

スーツの男性

情報格納環境の構築場所

複数の企業が共同事業体として、ある事業やプロジェクトを実行する場面において、発生する課題のひとつに、電子データを保存するファイルサーバをどのように構築するか、ということがあります。別々の企業に所属しているプロジェクトメンバーがアクセス可能なネットワーク環境下に、ファイルサーバを構築する必要があるからです。このような場面での有効な解決策の一つが、オンラインストレージの利用です。昨今は様々な企業がオンラインストレージのサービスを提供していますが、サービス選定の際に気を付けたいのは課金体系です。利用ユーザ数に応じた課金を行うサービスが多いですが、想定されるユーザ数が多い場合は別の料金体系で契約できるサービスの選定も視野に入れる必要があります。

機密性向上のための工夫

オンラインストレージのサービスで最も便利な特徴の一つが、インターネット環境さえあればどこからでも利用であることです。つまり自社のオフィス以外のカフェや自宅からでも、インターネットに接続できる端末さえあれば、オンラインストレージで管理している情報にアクセスすることができ、執務場所の選択肢に広がりが出てきます。一方で、利便性を差し引いても情報漏えいリスクを低減したい、という利用者の要望に応えることも可能です。多くの法人向けのオンラインストレージサービスにおいては、アクセス可能なネットワークを制限するオプションを選択することが可能です。たとえば共同事業に参加している企業内ネットワークからのアクセスに限定し、一般的なインターネット環境からは利用しないようにするなどの手段をとることができます。このような工夫をすることで、オンラインストレージ上で管理している情報の機密性を飛躍的に高めることが可能になります。